ケロイド通信

2016.11.29更新

小さなニキビ跡や火傷の跡が、赤く盛り上がってくるのがケロイドですが、だんだんと大きくなってきたり、なかなか消えなかったりしますので、とても気になりますね。
そんな気になるケロイドの治療は、京都にあります当クリニックへ、ぜひご相談いただきたいと思います。

ケロイドの治療は、大きく分けると保存的治療と手術という2種類があります。
保存的治療には、薬の服用、軟膏や貼り薬、注射や患部の圧迫といった方法があります。
手術の場合は、盛り上がった部分を切除し引き連れを取り、再度引き連れを起こさないよう固定するとともに、放射線を使用しての治療も行います。

見た目が気になる方、他の病院で「これ以上よくならない」と言われてしまった方、ケロイド治療の実績のある当クリニックに、是非お任せいただきたいと思います。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2016.11.24更新

こんにちは。
当クリニックは京都市中京区にございます形成外科、美容外科です。
ケロイドや火傷、怪我や手術の傷跡を、よりきれいで自然にするための手術を得意としております。
京都を始めとする幅広い地域の方々の、お一人おひとりの心身と向き合ってまいりました。
手術、放射線治療、術後の固定や再発予防に至るまで、豊富な実績をもとに高度な治療をご提供いたします。

ケロイドや傷跡を見せることに抵抗を覚えるという方もいらっしゃることでしょう。
当院では患者さまにゆったりとリラックスしてお話をしていただけますよう、暖色基調の内装や緑を置くなど、あたたかみのある空間づくりも心がけております。

当院は地下鉄烏丸線、東西線の烏丸御池駅からすぐでアクセスも良好です。
小さな傷や古い傷でも諦めてしまわずに、ぜひ一度ご相談ください。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2016.11.22更新

当院にはケロイドでお悩みの方が多く訪れます。
他院で過去に治療をしてみたものうまく治癒に至らなかった方、悩みに悩んでインターネットで当院を探してくださった方とさまざまです。

ケロイドというと火傷や大怪我の跡というイメージがありますが、実は些細なことでできることがあります。
例えば予防接種の跡、小さな怪我、水疱瘡などの跡などからケロイドになることがあります。
ケロイドは見た目が気になるだけでなく、痛みや痒みを伴うことが多く、生活の質を下げてしまいます。

治癒は難しそうだから、あまり目立たないところだから、と諦めずにぜひ当院を受診していただきたいと思います。
ケロイドのタイプを見極め、その方に合った方法で治療を進めていきます。
京都でケロイド治療をしたい方は、ぜひ当院にご相談ください。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2016.11.15更新

当院は、京都で、傷跡や火傷跡等でお悩みの方の相談に乗っているケロイド専門のクリニックです。
ケロイド治療は治らないとあきらめていませんか。
決してあきらめないで、当院にまずご相談ください。

見た目が気になり、痛み、かゆみ等を引き起こすケロイドは、肉体的だけではなく、精神的にも苦痛を強いられます。
受診が億劫になり、受診してもよくならないと言われて、諦めてしまう方が多くいるのも事実です。
過去を背負い、来院される患者さまが大勢います。
今日まで、ケロイド治療、手術を一つひとつ丁寧に積み重ねて参りました。
ケロイド患者さまの最後の砦として問題解決が図れるよう、誠心誠意の対応を心がけております。

オンライン相談もご用意しています。
初めての方、受けたことのある方等どのよう方でもケロイド治療のことならお任せください。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2016.11.08更新

ケロイドには、保存的治療、手術、放射線治療などさまざまな治療法があります。
症状を改善させるためには、状況に合った最適な治療法を的確に選び、経過を見ながら根気よく治療しなければなりません。

当院は、長年真摯にケロイド治療に取り組んできました。
その結果、現在では症状を見極める確かな目とさまざまな手法、確かな技術を得ることができたと思っています。
他院では難しいといわれた症例を改善させた実績もあります。

痛みや痒みがある場合や、目立つところにケロイドがある場合は特に大きなストレスになります。
少しでも早く楽になるよう、当院では最善を尽くし、患者さまと肩を並べて一緒に治療に取り組みます。

もう治らない、そんなふうに諦めないでください。
諦める前に、ぜひ京都にある当院へご相談ください。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

オフィシャルサイトオフィシャルサイト シミ・しわ・ほうれい線サイトシミ・しわ・ほうれい線サイト
tel:075-229-6388 メール相談はこちら