ケロイド通信

2016.05.31更新

京都にお住まいの皆さま、こんにちは。
こちらはケロイド治療に力を入れているクリニックです。

一般的に傷が赤く盛り上がったり、硬く肥厚したりする状態をケロイドと言います。
正確には真性ケロイド、瘢痕ケロイドの2つに分類されます。
ただし実際にははっきりしない区別できないものも多くあり、両者が混在する場合も見られます。

ケロイド治療は保存的治療と手術と放射線治療を組み合わせたものの2種類があります。
当クリニックでは今までケロイドの治療や手術をひとつひとつ積み重ねて参りました。
見た目が目立たなくなり、痛みから解放され、白くて平らな状態を手に入れることは、決して夢ではありません。
ケロイドに悩まれている方々に希望を持って頂きたいと考えています。
ケロイドでお悩みの方は、当院にご相談ください。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2016.05.31更新

手術痕やニキビ痕など、ケロイドになってしまう原因は様々あります。
ケロイドは一度なってしまうと、手術しても再発する可能性があります。
したがって、ケロイドを治すことを諦めてしまい、人前で肌を出すことを避けるために、水着や温泉などに誘われても断るしかなくなります。
これでは、折角の人生を楽しむ機会が減ってしまうのは、とても残念なことです。

当院はケロイド治療を専門に行っており、これまでに他の医療機関でケロイド治療をしたが、キレイにならなかったり、再発してしまったりした方を対象にしております。
諦めずに一度ご相談ください。もちろんケロイド治療の経験の無い方も対象です。

当院は京都にありますが、ケロイドの状態などにより入院治療や通院での治療なども可能です。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2016.05.27更新

赤く腫れあがり、痒く、時には痛みも感じるケロイドはとてもつらいものです。
さらにケロイドは、その痛みや痒みで肉体的につらいだけでなく、見た目がコンプレックスとなって精神的にも追い詰められてしまう患者さまも少なくありません。

京都にある当院は、ケロイド専門医が患部の状態や体質に応じて適切な治療を選び、いろいろな方法を組み合わせながら改善へと導きます。

専門医として、決してあきらめず、できる限りよくなるよう最新の治療法を学び、経験を積んで最善の努力を続けてまいりました。
そのため、今では他の病院でこれ以上よくならないとさじを投げられた患者さまにも多くお越しいただいています。

どうか一人で悩んだり、あきらめたりせず、ぜひ一度当院へお越しください。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2016.05.17更新

傷が赤くもりあがって固くなった状態をケロイドと呼び、真性ケロイドと瘢痕ケロイドの二種類にわけられます。
しかしはっきりと区別できないものもあり、両者が混在するケロイドもあります。

ケロイドは心身ともに苦痛を伴い、どれほど辛いのかは本人でないとわからないものです。
当院には、これまで何件か病院で診てもらって、一向に回復せずに通院を止めた患者さまが多数来院されます。
そんな患者さまとわたくしどもは、真剣に向き合って参りました。
一つひとつ丁寧に治療をしてきたおかげで、患者さまから沢山の感謝の言葉を頂いています。

ケロイドの見た目が気になる方、かゆみや痛みがある方は当院の治療方法を試してみませんか。
京都にお住いで、ケロイドでお悩みの方はまずはご連絡下さい。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

オフィシャルサイトオフィシャルサイト シミ・しわ・ほうれい線サイトシミ・しわ・ほうれい線サイト
tel:075-229-6388 メール相談はこちら