ケロイド通信

2015.08.26更新

このページをご覧になっている方は、ケロイド治療のため信頼できる病院を探されている方、もしくはもう治療を諦めかけている方ではないでしょうか。

完全に治すことが難しいとされるケロイドですが、そのため深いお悩みとなるケースも少なくありません。
当院は、そんなお悩みを抱える患者さまのために、一歩一歩技術を高めてまいりました。

今では他院で治せないと言われ当院へいらした患者さまにも、多数お喜びの声をいただいております。
現在では京都市だけでなく、幅広い地域からご来院いただいています。

ひと言でケロイドといっても、種類や原因などにより治療法は異なります。
当院は確かな目で患部を見極め、技術を高めたさまざまな治療法のなかから最適な治療方法をご提案、ご提供いたします。
一人で悩まず、ぜひ当院へご相談ください。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2015.08.24更新

ケロイドの見た目や痛みでお悩みでしたら専門医の当院でご相談ください。
他院で受診されてこれ以上よくならないといわれた患者様も当院では、多数のケロイド治療や手術でよくなられています。
患者様の最後の砦となる病院になればと思っています。

ケロイドには、元々の体質的によってできるものと、手術の切開や縫合方法や火傷の痕など2種類があります。
ケロイドの治療には、保存的治療と手術と放射線治療があります。

当院は、京都でケロイドの治療を専門に行っています。
ケロイドを治療して治すことによって患者様のコンプレックスが解消されるお手伝いができればと考えています。
オンライン相談もありますので、ケロイドでお悩みでしたら当院でご相談ください。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2015.08.18更新

ケロイドには小さな傷やニキビ跡がきっかけとなり、その部分が赤く盛り上がりこぶのようになる真性ケロイド、施術創やけがの傷あと、火傷のあとなどが赤く肥厚してもり上がる肥厚性瘢痕、別名瘢痕ケロイドと呼ばれる大きく分けて2種類のものがあります。
活動性が活発ですと、長い間、痒みや痛みに悩まされます。
また見た目を気にするあまり、苦しんでしまう方もいらっしゃいます。

京都にあります当院ではケロイドでお悩みの皆様に明るく前向きな人生を送れるよう、お手伝いをさせていただきます。
手術、放射線治療、さらに保存的治療である内服、軟膏やテープを貼り付けての外用療法、シートやスポンジを利用した圧迫、固定療法を、体質や状態に合った組み合わせで行います。

オンラインでのご相談も受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2015.08.11更新

京都にあるケロイド専門治療を行っているクリニックです。
ケロイドと言う言葉をよく耳にするのはやけどの跡です。
しかし、やけどをしなくてもケロイドになります。

ケロイドの種類として、二つに分けられます。
一つは、ピアスの跡や予防接種の跡が赤く腫れ上がるものや、体質的に出来る胸や肩に出来やすい真性ケロイドです。
二つ目は、施術跡や怪我の傷跡、やけどの跡で出来る肥厚性瘢痕です。

治療方法としては、主にステロイドの注射や貼り薬、飲み薬、手術、レーザーです。
ケロイドの大きさにもよります。

真性ケロイドは、手術のみだと100パーセント再発いたしますので放射線治療は必須です。
肥厚性瘢痕は手術のみで放射線治療は原則いたしません。
ケロイドは広がっていくものなので、小さいうちに治療をお勧めいたします。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2015.08.05更新

京都にお住いの皆様、ケロイドの治療には保存的治療と、手術と放射線治療があります。
今回は手術と放射線治療についてご説明します。

ケロイド自体は命の別状はありませんが、見た目や痛み、かゆみが日常生活に支障をきたします。
手術後の症状を緩和するために、放射線治療を行う場合があります。
放射線治療を行う場合は、放射線を4回から10回程度照射します。
ケロイドの場所によって照射の回数は変わります。
放射線は身体の深部に届かない種類の放射線ですのでご安心下さい。

単独で手術を行うと殆ど再発しますが、放射線治療を行った場合は、再発率が2割から4割程度になります。

実際に放射線治療をする場合は放射線科を受診してスケジュールや費用について説明を受けて頂きます。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

オフィシャルサイトオフィシャルサイト シミ・しわ・ほうれい線サイトシミ・しわ・ほうれい線サイト
tel:075-229-6388 メール相談はこちら