ケロイド通信

2015.02.24更新

傷跡や火傷の後は、体質やさまざまな原因によりケロイドになって残ってしまうことがあります。
ケロイドにはちょっとした怪我や予防接種の後にできるものと、手術の後などにできるものと2種類あります。

手術などの縫合のあとが白く盛り上がり、その後も痛みや痒みを伴うことで、生活にも支障をきたすケースもあります。
当院は京都でケロイドの治療を専門で行っており、オンラインでの相談も受け付けています。

ケロイドは保存的療法と外科的療法から選択して治療を行います。
保存的療法は内服療法や外用療法、圧迫、固定療法や副腎皮質ステロイド局所注入療法、凍結療法、レーザー療法の6種類があり、患者さんの体質やケロイドの状態に合わせて併用して治療を行っています。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2015.02.18更新

京都にございます当院は、メディカルエステにもこだわっており、その中でもインディバ療法は、様々な効果があり多くの方から注目されています。

メディカルエステとは、通常のエステサロンとは大きく違い、医師が医学的に根拠のある施術メニューを監修、管理しているエステになります。
安心して皆様のお悩みやご不安をお聞かせください。

インディバ療法は、高周波温熱で、お顔や身体を深部から温めます。
基礎代謝を高め血行を促進し、リンパの流れを良くすることで、足の疲れの緩和、セルライトの解消、むくみの緩和、シェイプアップ、リフティング、過剰な皮下脂肪、内蔵脂肪の燃焼促進、アンチエイジング、予防美容など様々な効果が期待できます。

インディバ療法で各種細胞を活性化させましょう。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2015.02.16更新

ケロイドは見た目にも決してよいものではなく、疼きやかゆみを引き起こすことからケロイドへの悩みをお持ちの方は大勢いらっしゃいます。

中には、改善の見込みがないといわんばかりの受診を受けたケースもあり、ケロイドへの悩みは深刻なものであると言えます。

しかしケロイドは本当に改善の見込みがないのでしょうか。
当院はそうは考えません。
当院では、患者様の体質やケロイドの症状に応じて投薬を中心とした治療や手術による治療、テープによる固定の治療など様々な治療法をご提案させていただきます。

様々な治療法をご用意していることから京都エリアを中心に多くの患者様が通院されていらっしゃいます。
ケロイドでお悩みの方々に希望を持っていただきたいというのが当院の願いでもありコンセプトでもあります。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2015.02.09更新

当院は、ケロイド治療が初めての方も、以前に他のところで治療を受けたことがあっても改善されなかったという方も、ご相談を承っております。
見た目を改善することも当然ですが、精神的なものは問題解決が出来れば改善されていくと思います。

皆様が悩まれる、ケロイドには大きく2種類ございます。
それは、真性ケロイドと肥厚性瘢痕と呼ばれるものです。
またケロイド治療の方法は、保存的治療と手術プラス放射線治療という2種類から、患者様にあった治療を進めさせていただきます。

治療のスタートは、患者様からのご相談になります。
オンラインでのご相談も承っています。
当院は京都市内の烏丸御池駅下車で徒歩1分の立地にございます。
まずはお気軽にご相談ください。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2015.02.03更新

ケロイド治療には、これが一番いい治療というものはありません。
患者さま一人一人の体質にもよりますし、ケロイドの状態によっても治療法は変わってきます。
そのため、複数の治療を併用する形で改善していきます。

内服的治療法としては、他の治療法との併用となるトラニラストと言われる、赤みや痒みを軽減するお薬や、炎症をやわらげて水分循環を良くしてくれる漢方薬などがあります。外用療法としては、副腎皮質ステロイドが含まれる軟膏薬やテープなどを使用します。

他には、圧迫や固定療法でケロイドを退縮させたり、副腎皮質ステロイドを直接局部へ注射して治療していく療法もあります。

京都方面で、ケロイドで悩まれている方や、もう治らないと諦めている方がいましたら、一度ご相談ください。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

オフィシャルサイトオフィシャルサイト シミ・しわ・ほうれい線サイトシミ・しわ・ほうれい線サイト
tel:075-229-6388 メール相談はこちら