ケロイド通信

2014.12.24更新

当院は、京都市にありますケロイド治療専門の形成外科、美容外科です。

他院で治らない、手術しても再発するので意味がないなどと診察をお受けになった患者様、決してあきらめないでください。

当院では、ケロイド治療の専門医が一人一人にあった治療をおこなうため、必ず快方に向かいます。
ケロイドは痛みや痒みをともない、見た目も悪いため、なかなか周囲には理解されず、ひとりで悩みを抱えている場合が少なくありません。
中には、もう病院には行きたくないと思っている方もいらっしゃることでしょう。
そのような方のために、当院では、オンライン相談がございます。
こちらでご相談いただき、ご納得できましたら、ご来院というかたちでも問題ありません。

まずは第一歩を踏み出しませんか。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2014.12.17更新

インディバ療法に精通をしている医師が在籍している病院です。
当院は女医が責任を持って患者様に的確な治療を致しております。
ご質問やご相談がありましたら、気兼ねなくお尋ね下さい。

当院は京都を中心に患者様が口コミでお越しになります。
最寄駅から徒歩数分の場所にあるので、お買い物の帰りなどに気軽にお立ち寄り下さい。
女性の皆様の美しさを本気で応援しております。

インディバ療法は、高周波音熱を使用して身体を温めて血行を促進させます。
薬を用いないので副作用の心配もなく、身体に優しい治療法です。
また、リフトアップの効果があり、肌質が活性をするので、にきびやシミの改善にも繋がります。
アンチエイジングに興味のある方にはおすすめ致します。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2014.12.11更新

ケロイドは、手術や火傷をした後にできるもので一般的には治り難いとされています。
傷口を防ごうとして、治癒力が働き、皮膚組織の繊維芽細胞やコラーゲンが集中して過剰に分泌されるために、盛り上がった症状になってしまいます。

ケロイドは皮膚の色素量の多い人に発生しやすく、遺伝的要素もあると言われています。
また、ケロイドには、肥厚性瘢痕と真性ケロイドという種類に分けられます。
当クリニックでは、ケロイドの状態を確認し、内服薬、ステロイドテープや軟膏、圧迫療法、ステロイド注射、手術、放射線治療などから患者さまに合った治療を施すことで、改善しています。
治療にはある程度の時間を要する場合もありますが、諦めずに治療し、改善しましょう。

京都にお住まいで、ケロイドでお悩みの方は、諦めずに一度当院を受診ください。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2014.12.09更新

当院はケロイド治療に対応しているクリニックで、京都方面の患者様に多数ご来院いただいています。

傷が赤くもり上がり、硬く肥厚する状態のことをケロイドと呼びます。
やけどやケガ、手術後、にきび跡に発症し、痛みやかゆみを伴います。
多くの方が悩んでいる一方、これ以上はよくならないと諦めてしまう方もいらっしゃいます。

ケロイドの治療法は、内服療法や外用療法を行う保存的治療と、手術と放射線治療を組み合わせたものがあります。
手術単独で治療が可能な瘢痕ケロイドと違い、真性ケロイドは手術後に放射線治療が必須となります。
専門医で、どちらの要素が強いか診断してもらうことが大切です。

当院では、丁寧な手術と治療で、多くの患者様にお喜びいただいております。
ケロイド治療をお考えの方、ぜひ当院へご相談ください。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2014.12.03更新

ケロイドでお悩みの京都周辺にお住まいの患者様に朗報です。
ケロイドは痛みやかゆみが伴う場合があり、その苦痛ははかりしれません。
治療に通っても快方に向かわないのだと、半ばあきらめている方もいらっしゃいます。
当クリニックにまずご相談下さい。
これまでに数々のケロイド治療や手術を行い、経験を積み重ねてまいりました。
きっと患者様のお力になれるはずです。
ケロイドの問題が解決できるように誠心誠意の対応を致します。

ケロイド治療には保存的治療と手術、放射線治療があります。
患者様のケロイドの状態を見させていただき一番合った治療を提供いたします。

保存的治療では、内服療法、外用療法、圧迫、固定療法や副腎皮質ステロイド局所注入療法など様々な療法があります。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

オフィシャルサイトオフィシャルサイト シミ・しわ・ほうれい線サイトシミ・しわ・ほうれい線サイト
tel:075-229-6388 メール相談はこちら