ケロイド通信

2014.03.31更新

京都にお住まいでケロイド治療に関するご相談なら当クリニックにお任せください。
ケロイド治療は専門のクリニックで行うのが一番です。

ケロイドは見た目だけでなく、痛みやかゆみなど、肉体と精神の両方に苦痛をもたらします。治療についても、なかなか継続的に受診できなかったり、また、これ以上は良くならないと言われてしまったりといったことは少なくありません。
しかし、諦めてしまう前にぜひ一度当クリニックにご相談ください。
当クリニックはこれまで多数の実績がございます。
最後に当クリニックに任せてみませんか。

当クリニックでは保存的治療、手術と放射線治療を合わせた治療の両側面から、患者様ひとりひとりのケースに適した治療法をご提案いたします。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2014.03.26更新

ヤケドやケガをされた方の中には、ケロイドでお悩みの方が少なくありません。
一般的に、ケロイドは、ヤケドやケガをした範囲を超え、皮膚が盛り上がった状態を言います。
時間が経てば治っていく肥厚性瘢痕と呼ばれるものもありますが、ケロイドであるか肥厚性瘢痕であるかは、判断の難しい場合があります。

患者さまにとっては、見た目が辛いばかりでなく、痛みや痒みが続くのが辛い方や皮膚が化膿してしまってお困りの方もいらっしゃるでしょう。
また、治療しても良くならなかった方や治療によってひどくなってしまったという方もいらっしゃるかもしれません。

京都にお住まいでケロイドにお悩みの方は、どうぞ、あきらめないで一度、ケロイド治療専門の当クリニックへご相談ください。
症状に合わせて、最適な治療をいたします。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2014.03.19更新

ケロイドには大きく分けて2種類あり、小さな傷やニキビ跡が赤く盛り上がってコブのようなものができる「真性ケロイド」。
手術や帝王切開の創、火傷の痕、怪我の傷あとなどが赤く盛り上がる「瘢痕ケロイド」があります。
ケロイドは痒みや痛みを伴う時期もあり、多くの方を悩ませています。
他の病院で良くならない。
と言われたような場合でも諦めず一度当院へご相談ください。

当院で行っている治療には「保存的治療」と「手術と放射線治療」がございます。
患者様の体質やケロイドの大きさにより治療が違います。
また、保存的治療の場合には複数の治療をいくつか組み合わせて、症状に最も合った治療方法を行います。

専門医だからこそできる治療ですので、京都にお住まいの方でケロイドでお悩みなら是非ご相談ください。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2014.03.13更新

皆さんの体を覆っている皮膚は日頃から様々な刺激を受け続けています。
皮膚が炎症を起こしたり、怪我をした後に皮膚の繊維成分が増殖し傷口が赤く盛り上がった状態をケロイドと言います。
このような状態は体質が大きく関与していると言われています。

ケロイドの見た目が気になる為精神的ダメージを受けたり、かゆみや痛みを伴う事もあるため苦痛を強いられる場合もあります。
受診される患者様は様々な思いを背負っていらっしゃいます。
そんな思いに真摯に向き合いケロイドの治療に取り組みます。

当クリニックで行う治療は大きく二つに分かれます。
保存的治療と手術、放射線治療です。
丁寧に問診をして、患者様に合う治療をご提案致します。
ケロイドでお悩みの方は当クリニックにお気軽にご来院下さい。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2014.03.06更新

子どもの頃に躓いてできた擦り傷が時を経ても未だに皮膚が盛り上がった状態で残っている方や、ニキビ跡がこぶのように盛り上がって残っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当院では、これまで数多くのケロイドを治療した実績がございます。

ケロイドの治療法には「保存的治療」「手術及び放射線治療」の二種類があり、前者の「保存的治療」の場合は、内服や外用含む投薬治療を中心とした治療法ですが、最近ではレーザー治療が一般的になりつつあります。
後者の「手術及び放射線治療」は、ケロイドの手術のみでは再発する恐れがあるため、術後に放射線治療を行うことで再発防止を目指す治療法です。

見た目や傷の疼き、痒みは日常生活に支障をきたす場合が多く、そのような症状でお悩みの方こそ放射線治療は必要であると言えます。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

オフィシャルサイトオフィシャルサイト シミ・しわ・ほうれい線サイトシミ・しわ・ほうれい線サイト
tel:075-229-6388 メール相談はこちら