ケロイド通信

2013.09.27更新

ケロイド治療でお悩みの方は、ぜひ京都にある当クリニックまでご相談下さい。

当クリニックは、ケロイド専門医がおり、もう治らないとあきらめかけていた患者様も、最後の砦として当クリニックにいらっしゃる方が大勢いらっしゃいます。
当クリニックでは、患者様の抱えているお悩みをしっかりと問題解決ができるように真剣に治療をさせて頂いております。
なかなか相談できないこともオンライン相談がございますので、お気軽にお問い合わせ頂ければ嬉しいです。

ケロイドの見た目や痛み、かゆみでのお悩みは精神的にも肉体的にも大変辛い思いをされていると思います。
当クリニックの治療は、保存的治療と手術や放射線治療を患者様一人一人に合った最適の組み合わせを実施して、改善した状態が持続するように行っております。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2013.09.25更新

当クリニックは、京都でケロイド治療を行っております。

当クリニックは、烏丸御池駅から徒歩1分のところにあり、アクセスもよく通院に便利な立地にあります。
ケロイドは、見た目だけを気にしがちですが、継続的な痛みやかゆみを伴うこともあり、精神的にも肉体的にも辛い思いをされている患者様の支えになれるように、誠心誠意を持って治療を行っております。

ケロイド治療の内容としては、内服薬やステロイド軟膏などを利用する保存的治療と手術に放射線治療を加える方法の2通りが大きくあげられます。
患者様一人一人にあった治療をしっかりとアドバイスさせていただきますので、安心してお任せ下さい。
ホームページではオンライン相談も受付しておりますので、どんな些細なお悩みもご相談下さい。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2013.09.23更新

ケロイドの保存的治療についてご説明します。
保存的治療には多くの種類があります。

トラニラストやサイレイトウを内服する内服療法。
軟膏やテープなどによって副腎皮質ステロイドを外用する外用療法。
いっぽうで、副腎皮質ステロイドを患部に直接注射する副腎皮質ステロイド局所注入療法。患部を圧迫し安静を保つことでケロイドの退縮を狙う圧迫、固定療法という治療もあります。液体窒素やドライアイスによりケロイドを凍結させ、壊死させる治療は凍結療法です。
このほか、最近ではレーザー治療も行われています。

これらさまざまな治療法のうち、必ず治るというものはなく、それぞれのケースに合わせて、適切な判断をし複数の治療を併用していくことが重要なのです。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2013.09.21更新

ケロイドは、生命を脅かすような病気ではありませんが、その見た目や、痛みかゆみなどは、日常生活に支障を来すほどつらいものです。

ケロイドの治療には、それぞれのケースに応じて複合的な判断と治療が必要です。
以前に医療機関による診察や治療を受けたことがあり、その際には症状の改善がみられなかった、または悪化してしまった、治療は難しいと言われた、などの場合も、諦めずに当クリニックにご相談ください。

治療には大きく分けて「保存的治療」と「手術と放射線を合わせた治療」との2種類があります。
真性ケロイドの場合は、手術だけではほぼ100パーセント、再発するため、術後に放射線治療を組み合わせることで治療します。
肥厚性瘢痕の場合は、手術のみでの治療が可能な場合が殆どです。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2013.09.19更新

ケロイドは、大きく2種類に分けられます。

予防接種の跡や、小さな傷やニキビの跡、ピアスの穴などが赤く盛り上がりコブのようになるのが真性ケロイドで、肩や前腕部にできやすく、体質が大きく影響します。
一方で、大きなケガや火傷、施術創などが赤く肥厚して盛り上がるものを肥厚性瘢痕、または瘢痕ケロイドと呼び、前胸部や、肩などの関節周辺、口の付近などよく動く場所にできやすく、体質ではなく誰にでもできるのが特徴です。

しかし、この2種類は明確には区別できず、混在しているケースも少なくありません。
活発で持続的なケロイドはかゆみや痛みを伴い、大きな苦痛となることも多く、症状ごとに適切に複合的な治療を行っていく必要があります。
安心の技術力と実績を持つ当クリニックにぜひお任せください。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

オフィシャルサイトオフィシャルサイト シミ・しわ・ほうれい線サイトシミ・しわ・ほうれい線サイト
tel:075-229-6388 メール相談はこちら